ソーシャルレンディングとは?ブログで徹底解説!

ソーシャルレンディングのアイキャッチ画像

 

 

 

どうも!まっちゃんです。

 

 

 

 

 

 

まっちゃん

ここではソーシャルレンディングとはどう言ったものなのか?

成長著しいソーシャルレンディング業界について解説していきます。

 

 

 

ソーシャルレンディングとは

 

お金を借りたい人とお金を貸したい人をオンライン上でつなげる金融サービスの事をいいます。

分かりやすく図で説明するとこうなります。

 

(クラウドクレジットより)

 

ネットを通じて小口でお金を集めて企業に貸し出すサービスとも言いますね。

一企業や個人に対して投資家達(自分達)が集まって貸し付けるんです。

少し銀行と似ていますがどう言った違いがあるのかを説明しています!

 

 

銀行とソーシャルレンディングの違いは?

 

銀行もソーシャルレンディングもお金を集めて個人や企業に貸してその利子で

利益を得ていますが

 

決定的な違いは銀行預金者は貸し出す企業や個人を選べないですが

ソーシャルレンディング出資者は選べると言う事なんです。

 

ソーシャルレンディングのメリット

 

・株式などに比べて動向に影響されにくい

これは金融資産を複数持ってるひとには嬉しいですよね

 

全体に偏ったポートフォリオよりもソーシャルレンディングに分散投資しておくだけでリスク軽減になります。

・小口から可能

会社によりますが最小口1万円から出資可能なんです。

資産運用ってまとまったお金がないと運用できないと思ってる方もいると思いますが

1万円ですよ!動かさないお金があるなら見直されても良いかと思いますね。

 

 

 

・利回りが5%~10%

凄いですよね、銀行金利に比べたらおおよそ250倍程違います!

こうみるといざとなった時のお金だけ銀行に預けておいてしばらく使わないお金(眠ってるお金)は運用した方がいいですよね!

 

 

ソーシャルレンディングのデメリット

 

元本保証がない

大事な所ですね。ただ、どの会社もリスク軽減をしています。

ほとんどの会社が厳格な審査担保を付けてます。

万が一貸し倒れになったとしても全額なくなる事はないので1つの事業や案件に集中投資せずに

さまざま事業に分散投資してリスク軽減をすれば問題ないですよね。

 

関連記事

👉ソーシャルレンディングの貸し倒れリスクについて考えてみたよ

 

 

 

僕は分散投資こそ投資の極みだと思っていますのでブログを通じてしっかり実証していきます。

 

 

途中解約ができない

ソーシャルレンディングは投資先によって期間が変わってきます。

たとえばAの案件Bの案件があったとしましょう

 

Aは利回り6%で運用期間8ヶ月

Bは利回り4%で運用期間3ヶ月

 

この場合Aを選ぶと8ヶ月間は途中解約できません。

Bを選ぶと同様に3ヶ月間は解約できなくなっています。

 

まっちゃんが考えてる資産運用は時間をかけて分散投資が目的なので問題ありませんが

余裕資金で運用されない場合はここのリスクはしっかり理解しておいてください。

 

・希望にあった貸し出し先がいつでもあるわけではない

 

ソーシャルレンディング業者によりますが、いつでも同じ案件があるわけではないですし

自分の希望に合致する案件があるかと言うとタイミング次第になります。

なので複数のソーシャルレンディング業者に登録して余裕資金の塩漬けを防ぐ必要があります

大体5~6社程登録しておくのがおすすめですね。

 

ソーシャルレンディングの評判

 

リスクもありますが実際運用してる方の感想だと悪い事はないですね

 

 

眠らせているお金があるなら運用すると言うのはみんな同じですよね。

ソーシャルレンディングみたいなミドルリスクミドルリターンな投資は安心して運用できますよね

 

投資は一切気にしなくていい=ほっらかしで大丈夫って事なんですよ

ソーシャルレンディングの場合は1度投資先に融資すると何もする事がないので

ほんと負担もなくて時間も奪われなくて良いですよね(^0^)

 

 

 

 

いいこと言われてますね!僕もそう思います。

言うなればソーシャルレンディング鉄壁な守備力がある投資だと思いますね

利回りは決まってますがそれでも銀行預金金利の250倍です

資産運用されている方はしっかり理解されてるんですよね。

 

ですよね。

期間とリスク管理をうまくすれば安全性が高まりますよね

リスクと仲良くすればいいんですよね。

他の投資とソーシャルレンディングはどう違うのか?

 

ソーシャルレンディングはある程度利回りが決まっていてそこに向けてお金を融資しますよね

 

 

他の投資は運用した結果が利益なんです

 

ここ大事ですね

 

大事な所
ソーシャルレンディングはリターンが決まっているものに対して投資するものに対してその他の投資は投資した結果でリターンが確定する

 

 

まとめ

 

  • ポートフォリオ全体の偏りを防ぐ為に株式などに影響されないソーシャルレンディングは非常に魅力である。
  • 他の投資と比べて小資金から資産運用できる。
  • 利回りが5~10%なものに始めからある程度利益が確定したものに対して融資できる。
  • 運用開始をすれば期間内はほったらかしで利益が増える。
  • 銀行金利の250倍は非常に魅力。

 

  • 貸し倒れリスクがある。
  • 途中解約ができない。

 

 

どんな投資でもメリットデメリットは存在しますが

ソーシャルレンディングは比較的デメリットが少ないですよね。

大なり小なりリスクが無いとリターンはありませんよね

 

うまくリスクと向き合って調整すれば何も怖い事なんてありません

これからますます伸びていく市場ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です